FC2ブログ

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ

「超一流の雑談力」を読んだ感想

  • Post on 2015.11.26 13:23
  • Categry : 未分類
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
明日はいよいよ横浜で全社総会です。
その前に、野崎さん(http://blogs.yahoo.co.jp/i_kanri_0926/70737665.html)の読書感想をアップしましょう。

題して、「超一流の雑談力』を読んだ感想



営業活動で移動の際、何気なく電車の広告の「超一流の雑談力」という文字が目に留まり、その日の内に買って読んでみました。



本を読むことは昔から好きで、いろんなジャンルの本を読みます。


さて、雑談に超一流があるのかと思いながら読んでいくうちに、だんだん吸い込まれながら読みました。


自分の営業活動に照らしながら思い起こしてみると、すべて当てはまる気がしてきました。

本によると、

三流は、出会った瞬間に悪印象を与える。
二流は、記憶や印象に残らない。
一流は、1分で「忘れられない人」になる。

はたして、自分勝手に話していないか。退屈な話し方をしていないか。

声の調子が沈んでいないか。ハキハキとテンポのある話し方をしているか。

オチのある話し方をしているか。つまり、終着点に導く話し方をしているか。

「以心伝心」とはよく言ったものです。自分が苦手と思えば、相手もそう思う。

相手は経営者です。ものすごい観察力を持っている。相手に実益のある話をすれば、話が弾んで物事が良い方向に進むと書いてあります。


確かに初めて合う人に、雑談力なしては距離感を知締められない。
かといって、相手が、なんに対して興味があるかはわからない。
そうすると、何気ない話題から、何に興味を示すかアンテナを張っていなければならないということか。


30代のころ富士山の管理者養成学校へ研修に行ったことを思い出しまた。

地獄の十三日間と言われる研修です。自分の愚かさを吐き出す研修です。

この研修に参加された方も、おられるでしょう。

研修へ行ってからは、かれこれ数十年経ちましたが、朝、家を出るとき、管理人の掃除の方に「おはようございます」と必ず挨拶します。
そうすると、「いってらっしゃい」と必ず返してくれます。挨拶は大切ですよね。

こんなことも書いています。

三流は、会うたびに評価を下げる。

二流は、一向に関係が進展せず悩む。

一流は、会えば相手が笑顔になる。

身につまされることがたくさん書いてある本です。

当たり前のことしか書いていないが、凡人の自分にとってはすごく参考になる本でした。

早速。営業活動に実践していきたいと思います。


入社時に遠藤福社長が『業界地図』を読みなさいと言った意味が、やっと心に届いた気がします。
「業界地図は」、雑談の知識の宝庫です。ただ、私が使いこなしていなかっただけのこと。


ご興味のある方は、「超一流の雑談力」一度読んで見てはいかがですか。





スポンサーサイト



< Prev | ホーム |  Next >

Comment

Comment form

  • URL
  • Comment
  • Password
  • 公開設定
  •  管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:http://tempoupikebukuro.blog.fc2.com/tb.php/45-66f317d0

△ Move to top of this page