FC2ブログ

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

カテゴリ

リブロ本店閉店に見る、時代の潮流

  • Post on 2015.08.25 16:00
  • Categry : 未分類
  • Trackback(0)
  • Comment(0)
日本経済が回復したと報じられてから、
個人で感じる其のギャップは、甚だしいものでしたが、
ようやく7月辺りから、にわかに取引の引合いも増えた感があります。

いつの時代も、衰退するものと、繁栄するものがありますが、
サイクルの速さも目まぐるしく、経営者、従事者としては、
息の抜けない毎日なのだろうと思います。

先月7月20日に、池袋西武内の大型書店リブロ本店が閉店されました。



専門書を探す時には、私も頻繁に利用させていただいたものですから、その報せは寂しい限りです。
20年前は、月に雑誌だけでも1万円くらい使ったものですが、
可処分所得の減少で、書店自体足を運ぶ回数が減っていきましたし、
なによりアマゾンの出現でインターネット通販を利用することが
日常となり、また、ヤフオク(ヤフーオークション)や、メルカリなど
個人のフリーマーケットを利用することも多くなり、書店を筆頭に
実売店舗、小売店は軒並み、苦戦を強いられていることと思います。

そんな中、少子高齢化社会に突入した日本では、



介護などの高齢者ビジネス教育産業、インバウンドによる外国人向けフードビジネスは、
元気の良さを感じます。





店舗を扱う私達の仕事は、需要と供給のマッチングですから、ニーズをしっかり把握して、
新しい発想、斬新なアイディア を提供できる様、取組んでいきたいものです。
スポンサーサイト



< Prev | ホーム |  Next >

Comment

Comment form

  • URL
  • Comment
  • Password
  • 公開設定
  •  管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:http://tempoupikebukuro.blog.fc2.com/tb.php/59-e00742cb

△ Move to top of this page